• Mer,Inc.

営業の資料作成コストを削減!外注費の目安と業務効率化について紹介


営業がプレゼンや商談で使用する資料は、商談の行方を大きく左右します。資料は顧客の手元に残りますし、プレゼンや商談時に提示される資料の内容や体裁を見て、商品やサービスを使用するかどうか決める人は一定数います。


とはいえ、営業担当者の全員が、パワーポイントを使った資料作成が得意なわけではありません。こうした事務的な作業にかかる手間と時間を削減し、営業の本来の業務である顧客対応に充てたほうが、成果は上がりやすくなります。


この記事では、営業担当者が資料作成コストを削減する方法として、資料作成サポートの種類や費用の目安などについて解説します。資料作成をサポートするツールも紹介します。





資料作成のサポート種類と費用の目安

プレゼンに欠かせない資料の多くが、パワーポイントを使って作成したものです。プレゼン資料を資料作成サポートに依頼すると、効果的かつ充実したプレゼン資料を作成できます。


この項目では、資料作成にについて、どのようなサポートがあるのかについて解説します。プレゼン資料の作成にかかる費用の目安についても紹介します。


営業プレゼン資料作成

プレゼンで使用する資料に動きや音を入れて作成すると、クライアントからの注目を集めやすいです。ところが、パワーポイントの操作になれていないと、資料の作成に思っていた以上に時間がかかったり、記憶に残るような効果的なプレゼン資料が作れなかったりします。


こうした工夫が必要な営業プレゼン資料を資料作成サポートに依頼すると、充実したプレゼン資料に仕上がります。プレゼン資料の意図に合わせてデザインやレイアウトを作るサービスや元々自社で持っている資料のデザインをブラッシュアップするサービス、プレゼンの内容についてのヒアリングを元にゼロから資料を作成するサービスなど、サービスの内容はさまざまです。


営業プレゼン資料の作成にかかる費用は、作成する資料の内容やボリュームによって増減します。デザインやレイアウトを作成するサービスの場合の費用は、1資料につき4,000〜5,000円程度が相場と考えていいでしょう。


営業マニュアル作成

これまで活躍してきた営業担当者のノウハウを活かして作成する営業マニュアルは、会社の営業活動をよりよいものにするのに必須です。成約に向けて必要な会話術や商品知識は経験を積んでようやく身につくものですが、時間がかかります。


そこで役立つのが、ベテランの営業担当者のノウハウをまとめた営業マニュアルです。営業職は属人化しがちであると言われますが、マニュアルがあれば、ベテランのノウハウを経験の少ない営業担当者にわかりやすく伝えられ、比較的短期間で即戦力に育てることができます。営業マニュアル自体が、会社の資産にもなります。

営業マニュアルの作成は、次のようなステップを踏んで作られます。

1.営業マニュアル作成の目的の明確化

2.マニュアルの適用範囲と作成スケジュールの決定

3.記載内容のピックアップと整理

4.実際にマニュアルを作成する

5.運用・効果測定

6.必要に応じて修正する

社内でこうした手順を踏んでマニュアルを作成するには専属の担当者が必要ですから、時間もコストもかかります。営業マニュアルの作成サービスを専門とする会社に依頼すれば、こうしたコストを軽減できます。


営業マニュアルの作成にかかる費用は、初期費用として20万円ほど。営業マニュアルの閲覧人数や編集可能人数によってトータルの金額が増減します。


営業データ入力と資料作成

営業担当者や営業チームの進捗や実績などを数値化しデータを共有することは、部署内や部門間での会話をスムーズにします。具体的な数字を営業部門のみならず関連するあらゆる部門と共有することで、誰とでも同じ尺度でコミュニケーションを取れるようになるからです。


営業データが可視化されると、チームでの会議やマネージャー会議、経営会議等の会議がスムーズに進むようになり、会議コストを減らすことができます。


資料作成サポートのうちデータの入力のみを外注する場合の費用は、文字単価を元に算出されます。単純なデータ入力の場合、一文字あたりの単価の目安は0.5円前後です。A4サイズで一行40文字×38行の場合、1枚あたり760円となります。


企画書作成

企画書の作成は、プレゼン資料同様パワーポイントが使われます。プレゼン資料同様、動きや音を入れて制作すれば担当者の目を引き、注目度が高まります。企画書作成の費用の目安も、プレゼン資料同様、作成する企画書の内容やボリュームによって増減します。デザインやレイアウトを作成するサービスの場合、1につき4,000〜5,000円程度が相場と考えていいでしょう。


併せて営業資料のデザインも依頼する場合の費用の目安は、1ページ数万円、8ページほどなら20〜30万円程度。依頼した営業資料をパンフレットやカタログ化する場合、別途デザイン量と印刷量がかかります。印刷を依頼する場合、印刷部数によって料金が異なりますので、想定している必要部数とその前後の部数で印刷料金の見積もりを取るのがおすすめです。


営業資料作成を外注するメリット・デメリット