• Mer,Inc.

営業支援ツールをモバイルアプリで利用するメリットとおすすめツール




営業支援ツールの1つに顧客管理アプリ(CRM)があります。モバイルアプリに対応したCRMを選ぶと、商談のため外出が多い営業担当者の成績向上に多いに役立つはずです。


この記事では、営業支援ツールである顧客管理アプリ(CRM)をモバイルで利用するメリット・デメリットと、使い勝手のいいおすすめツールを7つ、紹介します。





顧客管理アプリ(CRM)とは

CRMは、すべての顧客情報を管理するシステムです。CRMとは「Customer Relationship Management」の略で、日本語では「顧客管理」「顧客管理関係性マネジメント」などと訳します。本来は、顧客満足度と顧客ロイヤリティの向上を通じて売上と利益の向上を目指す経営戦略のことを指しますが、最近では顧客管理を行うITツールのことを指します。

CRMには、顧客の個人情報、購入履歴などのすべての履歴を記録します。記録したデータは、営業部門のほかマーケティング部門、情報システム部門、開発部門など、営業部門と連携するあらゆる部門と共有し、事業戦略を立てます。

CRMを使用する目的は、売上と利益を上げることです。製品やサービスを購入する顧客がいなければ、ビジネスは成り立ちません。顧客との関係性を強化するためCRMを使用し、事業戦略や営業プロセスを構築し管理します。メールの一斉送信やアンケートフォーム機能、リマインドメールのような顧客満足度向上に役立つ機能もあります。

顧客管理アプリのメリット

顧客管理をモバイルアプリでする最大のメリットは、いつでもどこでも閲覧・入力できることです。商談のため外出が多い営業担当者にとって、場所を選ばず利用できるモバイルアプリは多くのメリットを実感できるでしょう。外出先にいても簡単に顧客情報を確認できますし、たった今終えた商談の内容をリアルタイムで更新できるため、営業活動がスピードアップします。

この項目では、営業担当者がCMSのモバイルアプリを使用するメリットを3つ、紹介します。

1.顧客情報を外出先で確認できる

特に顧客情報は機密性が高く、データの持ち出しに制限がある会社も少なくありません。ところが、モバイルアプリを利用すれば、セキュリティを保持しながらどこからでも顧客情報にアクセスできます。

客先へ向かう移動の最中やわずかな空き時間に顧客情報をチェックできるため、正確な情報に基づいた営業活動がよりしやすくなり、パフォーマンス向上につながります。

2.顧客からの連絡にすぐ対応できる

顧客からの問合せに対してすぐに対応できると、顧客満足度の向上につながります。モバイルアプリを使用すれば、メール、電話、SNS、チャットツールなど、あらゆるチャネルからの連絡を一元管理できるため、スムーズにレスポンスできます。

会社に戻る前に、会社にいるのと同じくらい質の高い返信や回答ができれば、顧客の安心感が高まります。

3.チームの活動状況がすぐにわかる

CMSのモバイルアプリを使用すると情報共有のタイムラグが少なくなり、営業チームの状況を把握しやすくなります。営業担当者はそれぞれの顧客にアプローチしています。営業担当者は客先へ出向くため外出していることが多く、すべてのメンバーが顔を合わせて会議する機会は非常に少ないです。

CMSのモバイルアプリを使用すれば、外出先でもデータの入力ができるため、個人はもちろん、営業部、会社全体の今の進捗を確認できます。これにより、営業担当者のモチベーションアップにもつながります。

顧客管理アプリのデメリット

CMSを使用するデメリットは、導入費用や運用コストがかかることです。そういったコストは、営業効率化が進み今まで以上に成果が上がればクリアできます。コストがデメリットになるのは、ツールの導入に失敗した時だと言えるでしょう。

自社の事業に合わないCMSや現場の営業担当者にとって使い勝手の悪いCMSを導入した場合、社内に定着しにくく、業務効率化にはなかなかつながりません。それなのに初期費用や月額料金がかかるのです。

顧客管理アプリの導入を検討しているなら、どのような機能を持つアプリが必要なのか、事前に調査すべきです。特に、実際に使用する現場の営業担当者の意見は非常に重要です。日々どのように業務を進めているのか、現状の業務フローの良い点と不満に思っている点をしっかりヒアリングし、導入する顧客管理アプリを決めるべきです。

自社に合った顧客管理アプリ(CRM)の選び方


外出が多い営業担当者にとって、CMSのモバイルアプリが非常に便利であることがよく理解できたと思います。ここでは、自社に合ったCMSを選ぶためのポイントをご紹介します。

モバイルアプリ対応のCRMを選ぶ

CRMと呼ばれる顧客管理システムは、モバイルに対応しているものが多くあります。モバイルに対応した顧客管理アプリなら、アプリ本体にデータを残せるものもあり、オフラインでも利用できるのが魅力です。スマートフォンやタブレット端末の電場状況に左右されないというメリットがあります。

CRMには、クラウド型、オンプレミス型があります。モバイルアプリに対応しているCMSの多くがクラウド型です。

クラウド型はサービス提供者が管理するサーバーにインストールされたCMSを、インターネットを介して利用します。オンプレミス型は、自社が管理するサーバーにインストールして使用します。

SFAと連携できるCRMを選ぶ

CRMとSFAを連携すると、営業とマーケティングの効果を高められます。商談の御礼のメールの送信、見積書や請求書、提案書の作成などの事務処理を自動化できます。

SFAとは「Sales Force Automation」の略で「営業支援システム」と訳します。SFAは、営業を支援し効率化するシステムのことを指します。

SFAのメリットは、営業部全体の動きを改善できることです。営業担当者の行動を記録すると業務プロセスのチェックができ、営業活動のボトルネックを発見しやすくなります。ボトルネックが解消できれば、売上の増加が見込めます。

SFAには、営業日報、Todor管理、見積書や契約書の作成、タスク振り分け、ダッシュボードなどの機能が備わります。いずれもCRMにはないことが多い機能です。CRMが顧客管理を目的としたツールであることに対し、SFAは営業活動を効率化することを目的としたツールであり、2つの違いはこの点にあります。

CMSやSFAがモバイルアプリに対応していれば、日常的に持ち歩いているスマートフォンやタブレット端末を使用して入力できるため、移動時間をはじめとしたスキマ時間に商談内容の記録、日報記載などを入力でき、営業担当者が事務処理のために手を動かす時間を短縮できます。

顧客管理が主体ならCRMだけでも問題ありませんが、顧客管理をしながら営業の課題を解決したいならSFAとCRMを連携させるのがおすすめです。

顧客管理アプリの機能性で選ぶ

CMSのモバイルアプリを選ぶ際、どのような機能が必要か社内で検討し、必要な機能が搭載されているアプリを選びます。

CMSの機能には、顧客情報や顧客対応履歴の管理のほか次のようなものがあります。

・顧客情報の分析機能

・見込み客の抽出機能

・メール自動配信

・問い合わせフォームの自動生成機能

・セキュリティ機能

初めての導入なら、シンプルで使いやすいCRMを選ぶのがおすすめです。若手からベテランまでいる営業担当者の誰もがITツールに慣れているとは言いがたいです。操作が難しかったり入力に手間がかかったりするツールは避けるべきです。導入後にカスタマイズしていけるCRMを選べば、必要な機能をプラスしていくことができます。

CMSの中には非常に高機能なものがあります。検討段階でベンダーに問い合わせると、他社との差別化のため、他にはない機能を教えられることがあります。初めての導入であまりに多機能なものや高機能なCMSを選ぶと使いこなせず、社内に定着しにくいです。

顧客管理アプリの料金で選ぶ

モバイルアプリに対応したクラウド型CRMにかかる費用は、初期費用と月額使用料があります。初期費用の相場は5〜10万円程度が相場ですが、CRMの機能や扱うデータのボリューム、利用形態に応じて費用が変動します。

CRMの月額使用料の多くが、利用人数によって変動します。CRMを利用する従業員の人数×月額料金で算出できます。1人あたりの月額費用の相場は、2,000〜5,000円です。10人で使用するなら20,000〜100,000円となります。

オンプレミス型のCRMを選ぶと、導入時に自社サーバーへのインストールに作業にかかる費用やライセンス費用がかかるため初期費用は割高になりやすいです。月々の運用コストはかかりませんが、セキュリティ対策を自社でせねばならず、リスクが高まります。モバイルアプリも自社で開発せねばならないため、費用が別途かかります。

営業効率化にオススメの顧客管理アプリ7選



この項目では、営業効率化におすすめのモバイルアプリを7つ、紹介します。

eセールスマネージャーRemix Cloud


eセールスマネージャーRemix Cloudは、営業担当者からマネージャーまでが直感的に設計されている国産のCRM/SFAです。純国産のシステムですから日本企業の営業スタイルに特化しています。

スマートフォンに標準対応し、営業現場での使い勝手を第一に考えているため、操作しやすいです。導入後は専任の支援チームが定着するまでサポートします。

eセールスマネージャーRemix Cloudは、シングルインプット・マルチアウトプットが可能です。通常は案件や顧客の情報、スケジュールについてそれぞれ入力が必要ですが、いずれかの項目に入力すれば、紐付いたすべての項目に入力内容が反映されます。入力の負荷が少ないうえ、時間と手間を削減できます。

eセールスマネージャーRemix Cloudは、1ユーザーあたり月額11,000円で利用できます。閲覧のみのナレッジシェアは1ユーザーあたり月額6,000円、グループウェアのみ利用のスケジュールシェアは1ユーザーあたり月額3,000円で利用できます。

eセールスマネージャーRemix Cloud


Knowledge Suite


Knowledge Suiteは、ナレッジスイート者が提供する総合ビジネスアプリケーションです。CRMのほかSFA、グループウェアが1つにまとまっており、関連部署との情報共有が簡単にできるようになります。

CRMやSFAは、利用人数によって月額料金が変動する従量課金制が多いですがKnowledge Suiteは企業ごとの月極料金で利用できるため、利用人数が多い場合も安心して使えます。

Knowledge Suiteは3プランあります。容量3GBまでのグループウエアは月額6,000円、容量5GBまでのSFAスタンダードは月額50,000円、容量50GBまでのSFAプロフェッショナルは月額80,000円で利用できます。


Knowledge Suite


Zoho CRM


Zoho CRMは、中小企業向けのクラウド型CMS/SFAツールです。2005年にアメリカでサービス提供を開始し、世界中の中小企業やスタートアップ企業に選ばれています。初期費用・オプション料金なしで、1ユーザーあたり月額1,440〜5,400円と、導入ハードルが低い点にあります。

顧客管理や営業情報の管理だけでなく、分析や業務の効率化といったSFA機能も持ち合わせており、カスタマイズも柔軟に行えるため、業種に合わせた運用ができます。簡単な操作で画面を使い勝手よく編集できるため、システムに精通するスタッフがいなくても安心して宇代えます。

モバイルアプリを無料で提供しており、時間や場所にとらわれずに顧客情報の確認、追加、編集や、商談状況の共有、顧客とのやりとりもできます。モバイルアプリには、名刺スキャンアプリやCRMのダッシュボードにアクセスできるZoho CRM Analyticsアプリの2種類あります。

Zoho CRM

HubSpot


HubSpotは、アメリカのマーケティング会社HubSpot者が開発したCRMツールです。無料版でも顧客管理システムに必要な要素がすべて揃っているうえ、使用期間は無期限。顧客情報収集・管理機能、顧客とのコミュニティ支援、SNS広告機能を使うことができます。無料なうえ無期限で使えるため、気軽に導入できます。中小企業なら必要十分の機能が備わっています。有料版にアップグレードすると、SFAやMAなどの機能を選び拡張できます。

CMSは3プランあり、スターターは月額2,700円、プロフェッショナルは月額4.,500円、エンタープライズは月額144,000円で利用できます。プロフェッショナルとエンタープライズは14日間の無料トライアルが可能です。


HubSpot


Microsoft Dynamics 365


Microsoft Dynamics 365とは、Microsoftが提供するビジネスアプリケーションです。CRM、SFA、ERP、マーケティング、顧客サービスなど幅広い領域をカバーしています。

システムに対する信頼度が高く、多くの大手企業が導入しています。近年では、中小企業の導入が増えています。

Microsoftが提供している最大の強みはExcelやPowerPoint、OutlookのようなMicrosoft製品との連携が容易な点です。Microsoft 365を導入していれば、同じアカウントでMicrosoft Dynamics 365を利用できます。WordやExcelで作ってバラバラに保管していた見積書、請求書、注文書などをシステム上で一括管理できます。

Microsoft Dynamics 365は4プランあり、月額1ユーザーあたり7,070〜17,576円で利用できます。


Microsoft Dynamics 365


Salesforce Sales Cloud

Salesforce Sales Cloud は、世界最大と呼んでもいいほどのシェアを誇るCRM/SFAツールです。Salesforce.comが提供し、インサイドセールス、フィールドセースルにおいて顧客情報や営業情報を共有し、営業の効率化を目指します。

主な機能は顧客管理と案件管理です。顧客管理では、顧客の住所、電話番号、業務内容、基本情報、責任者などの情報を管理できます。顧客情報は、商談情報はもちろん過去の問い合わせ履歴と紐付けて管理できます。

案件管理では、営業活動のログや商談状況を管理できます。営業担当者が入力すればリアルタイムで反映され商談状況を可視化でき、マネージャーは迅速に営業判断できるようになります。

Salesforce Sales Cloudでは、外出先から顧客情報を把握でいるのもメリットです。Salesforceモバイルを利用すれば、スマートフォンやタブレット端末から顧客情報や商談状況を確認できます。

Salesforce Sales Cloudは4プランあります。エッセンシャルは月額1ユーザーあたり3,000円、プロフェッショナルは9,000円、エンタープライズは18,000円、アンリミテッドは36,000円で利用できます(いずれも年間契約の場合の価格)。

Salesforce Sales Cloud


Pipedrive

Merが提供するpipedriveは、エストニア発のCRM/SFAツールです。リードや案件の管理、顧客とのやりとりの追跡、タスクの自動化、分析とレポート機能など、営業活動を支援する機能を搭載しています。電話やメール、カレンダーなど、今使っているグループウェアと双方向同期できるため、入力の負担を軽減できます。

モバイルアプリの用意もあり、どこからでもメールや電話、タスクのチェックや案件確認や更新のような、営業活動に必要なことをすべてモバイルから行えます。

pipedriveには4プランあります。どのプランも初期費用0円、年間払いの場合、月額1,500〜6,000円/1ユーザーで利用できます。14日間のフリートライアル期間を設けており、使いやすさを確認してから導入できます。

pipedrive      



Pipedriveが選ばれる理由


pipedriveが選ばれているのは、シンプルなUIでITツールに慣れていない人でもスムーズに使える点です。カスタマイズの自由度が高く、使いやすいようにレイアウトを修正もできます。

商談の進み具合や商談結果が可視化され、データを整理して管理しやすく、失注の削減につながります。連絡先の管理を通じて、それぞれの連絡先に関するアクティビティの履歴をタイムラインで確認できます。

リード獲得機能の充実もpipedriveの特徴です。pipedriveでは、同期した連絡先を元にリードを事前に審査し情報を引き出すため、アプローチ前の対策がしやすいです。商談前の資料作成にかかる時間の削減にもつながります。

このように、CRMとして必要な機能が揃っており、シンプルで使いやすいのがpipedriveの特徴です。初めての導入でも安心できるはずです。

流入を一元管理できるリード管理

pipedriveは、さまざまな流入先から入ってくるリードを一元管理できます。チャットボット、ライブチャット、Webフォーム、webブック/APIなどすべてのチャネルに対応しています。pipedriveから送信されたメールは、開封されたか、本文内のリンクがクリックされたか瞬時にわかり、顧客とのやりとりの追跡もできます。

商談管理/顧客管理の明確な可視化

pipedriveを使用すると、商談管理/顧客管理が明確に可視化されます。すると、複雑に感じてイアセールスプロセスがしっかりとコントロールできるようになり、次にすべきアクションが明確になります。

行動管理の自動化

pipedriveでは、ワークフローの自動化が可能です。入力漏れ、入力ミス、入力負荷を軽減できます。

このほか、グループウェア連携、顧客とのやりとりの追跡、zoomやZapier、Asana、Slackなど、200以上のアプリとの連携もできます。

優れたモバイルアプリ

pipedriveには、AndroidおよびiOSに対応したアプリがあります。アプリを開くと、予定表、パイプライン(取引)、アクティビティ、連絡先、その他が表示されます。

予定表では、今後のアクティビティを一覧で確認できます。今日が期日の予定や終了間近の取引が一目でわかるので、ToDoリストとしての役割も果たします。予定の追加や編集も簡単にできます。

パイプラインでは、営業プロセスを数値で可視化し管理するマネジメント手法です。pipedriveのパイプラインを使った取引管理は、フェーズの切り替えや新規取引の追加や編集も簡単な操作でできます。アプリから電話をかけたりメールを送ったりすると、その日時が自動的に登録されます。GoogleマップやGmail、Outlookのような既に使っているツールと接続して同期できます。

pipedriveのモバイルアプリは、サクサク動いて直感的な操作ができるのが特徴です。かゆいところに手が届くと、ユーザーから好評です。

まとめ

営業担当者にとって、場所を選ばず使えるモバイルアプリは今や必須アイテムと言えます。顧客管理アプリを外出先で使えれば、外出先にいても簡単に顧客情報を確認でき、営業活動がよりスムーズになります。

pipedriveは、システムそのものはもちろん、モバイルアプリのUIはわかりやすく、使いやすいと多くのユーザーから支持されています。まずはその使い勝手の良さを、14日間のフリートライアル期間にお試しください。