• Mer,Inc.

営業支援ツールをモバイルアプリで利用するメリットとおすすめツール




営業支援ツールの1つに顧客管理アプリ(CRM)があります。モバイルアプリに対応したCRMを選ぶと、商談のため外出が多い営業担当者の成績向上に多いに役立つはずです。


この記事では、営業支援ツールである顧客管理アプリ(CRM)をモバイルで利用するメリット・デメリットと、使い勝手のいいおすすめツールを7つ、紹介します。





顧客管理アプリ(CRM)とは

CRMは、すべての顧客情報を管理するシステムです。CRMとは「Customer Relationship Management」の略で、日本語では「顧客管理」「顧客管理関係性マネジメント」などと訳します。本来は、顧客満足度と顧客ロイヤリティの向上を通じて売上と利益の向上を目指す経営戦略のことを指しますが、最近では顧客管理を行うITツールのことを指します。

CRMには、顧客の個人情報、購入履歴などのすべての履歴を記録します。記録したデータは、営業部門のほかマーケティング部門、情報システム部門、開発部門など、営業部門と連携するあらゆる部門と共有し、事業戦略を立てます。

CRMを使用する目的は、売上と利益を上げることです。製品やサービスを購入する顧客がいなければ、ビジネスは成り立ちません。顧客との関係性を強化するためCRMを使用し、事業戦略や営業プロセスを構築し管理します。メールの一斉送信やアンケートフォーム機能、リマインドメールのような顧客満足度向上に役立つ機能もあります。

顧客管理アプリのメリット

顧客管理をモバイルアプリでする最大のメリットは、いつでもどこでも閲覧・入力できることです。商談のため外出が多い営業担当者にとって、場所を選ばず利用できるモバイルアプリは多くのメリットを実感できるでしょう。外出先にいても簡単に顧客情報を確認できますし、たった今終えた商談の内容をリアルタイムで更新できるため、営業活動がスピードアップします。

この項目では、営業担当者がCMSのモバイルアプリを使用するメリットを3つ、紹介します。

1.顧客情報を外出先で確認できる

特に顧客情報は機密性が高く、データの持ち出しに制限がある会社も少なくありません。ところが、モバイルアプリを利用すれば、セキュリティを保持しながらどこからでも顧客情報にアクセスできます。

客先へ向かう移動の最中やわずかな空き時間に顧客情報をチェックできるため、正確な情報に基づいた営業活動がよりしやすくなり、パフォーマンス向上につながります。

2.顧客からの連絡にすぐ対応できる

顧客からの問合せに対してすぐに対応できると、顧客満足度の向上につながります。モバイルアプリを使用すれば、メール、電話、SNS、チャットツールなど、あらゆるチャネルからの連絡を一元管理できるため、スムーズにレスポンスできます。

会社に戻る前に、会社にいるのと同じくらい質の高い返信や回答ができれば、顧客の安心感が高まります。

3.チームの活動状況がすぐにわかる

CMSのモバイルアプリを使用すると情報共有のタイムラグが少なくなり、営業チームの状況を把握しやすくなります。営業担当者はそれぞれの顧客にアプローチしています。営業担当者は客先へ出向くため外出していることが多く、すべてのメンバーが顔を合わせて会議する機会は非常に少ないです。

CMSのモバイルアプリを使用すれば、外出先でもデータの入力ができるため、個人はもちろん、営業部、会社全体の今の進捗を確認できます。これにより、営業担当者のモチベーションアップにもつながります。

顧客管理アプリのデメリット

CMSを使用するデメリットは、導入費用や運用コストがかかることです。そういったコストは、営業効率化が進み今まで以上に成果が上がればクリアできます。コストがデメリットになるのは、ツールの導入に失敗した時だと言えるでしょう。

自社の事業に合わないCMSや現場の営業担当者にとって使い勝手の悪いCMSを導入した場合、社内に定着しにくく、業務効率化にはなかなかつながりません。それなのに初期費用や月額料金がかかるのです。

顧客管理アプリの導入を検討しているなら、どのような機能を持つアプリが必要なのか、事前に調査すべきです。特に、実際に使用する現場の営業担当者の意見は非常に重要です。日々どのように業務を進めているのか、現状の業務フローの良い点と不満に思っている点をしっかりヒアリングし、導入する顧客管理アプリを決めるべきです。

自社に合った顧客管理アプリ(CRM)の選び方


外出が多い営業担当者にとって、CMSのモバイルアプリが非常に便利であることがよく理解できたと思います。ここでは、自社に合ったCMSを選ぶためのポイントをご紹介します。

モバイルアプリ対応のCRMを選ぶ

CRMと呼ばれる顧客管理システムは、モバイルに対応しているものが多くあります。モバイルに対応した顧客管理アプリなら、アプリ本体にデータを残せるものもあり、オフラインでも利用できるのが魅力です。スマートフォンやタブレット端末の電場状況に左右されないというメリットがあります。

CRMには、クラウド型、オンプレミス型があります。モバイルアプリに対応しているCMSの多くがクラウド型です。

クラウド型はサービス提供者が管理するサーバーにインストールされたCMSを、インターネットを介して利用します。オンプレミス型は、自社が管理するサーバーにインストールして使用します。

SFAと連携できるCRMを選ぶ

CRMとSFAを連携すると、営業とマーケティングの効果を高められます。商談の御礼のメールの送信、見積書や請求書、提案書の作成などの事務処理を自動化できます。

SFAとは「Sales Force Automation」の略で「営業支援システム」と訳します。SFAは、営業を支援し効率化するシステムのことを指します。