• Mer,Inc.

顧客管理アプリの選び方とおすすめアプリ10選


顧客管理アプリは、マーケティングや営業活動に役立つため、多くの企業が導入しつつあります。最近では、業界や業種に特化した顧客管理アプリも登場し、どれを選べばいいのか、悩ましく感じている方も少なくありません。

この記事では、顧客管理アプリの概要と顧客管理をアプリで行うメリットを紹介します。併せて、顧客管理アプリの選び方、おすすめの顧客管理アプリを10厳選して紹介します。


1. 顧客管理アプリとは


顧客管理アプリとは、顧客の属性や予算、購買履歴、潜在的なニーズなどの顧客情報を管理し、社内で共有できるアプリのことです。

自社の商品やサービスを購入する顧客の情報管理は、非常に重要です。顧客管理ができていないと、マーケティングの軸がブレてしまい、会社の成長に繋がりません。顧客管理アプリを使用すれば、最新情報を社内で管理・共有できるため、細やかなマーケティングが行えます。 潜在顧客や一度離れた顧客にもアプローチできますし、それぞれの企業へのアプローチ方法や対策を練ることもできます。情報伝達ミスやトラブルを防ぐことができ、顧客満足度も向上にも役立ちます。

2. 顧客管理をアプリで行うメリット

顧客管理をアプリで行うメリットは3つあります。それぞれについて解説します。

顧客情報の共有・整理がしやすい

顧客管理アプリに蓄積された顧客情報は、社内全体で共有できます。社員1人ひとりが顧客情報を抱えていると、企業活動の中で蓄積してきたはずの資産が個人の中に埋没してしまいます。

顧客管理アプリを使用すれば、顧客情報という企業の資産を形成するのに役立ちます。組織的に顧客情報を共有し整理すれば、意外な見込み客を発見できる可能性があります。 売上につながらないように見える顧客が、別の角度から見れば実は自社の重要な見込み客である可能性があります。 そういった顧客を発掘できるのも、顧客情報を整理できる顧客管理アプリならではと言えます。


いつでも・どこでもリアルタイムに情報確認や更新が可能


クラウド型の顧客管理アプリを導入すれば、ネット回線を利用して、スマートフォンやタブレット端末を使って情報を確認したり情報を更新したりできます。

オンライン営業が普及しつつありますが、まだまだ客先での商談も多く、営業担当者は外出の機会が多いです。 商談前の情報の確認や商談の内容をすぐに入力しリアルタイムに更新できれば、いち早く営業活動の方針を決められ、企業の利益に大きく貢献できます。

また、蓄積した顧客情報は、会社にとって大切な資産となります。顧客情報の蓄積は、企業が最優先すべき情報管理だと言っても過言ではありません。

属人化の防止

顧客情報を社内で共有することは、属人化の防止に繋がります。退職者が出た場合や担当者が病欠する場合、顧客管理アプリに顧客情報や商談履歴などの情報があれば、スムーズに引継ぎができ、社内の誰もが同じ情報を元にしたフォローができます。

また、営業スキルは属人化しがちですが、顧客管理アプリに商談履歴や成約までのプロセスが共有されると、トップセールスのスキルを誰もが確認できるようになり、営業部門全体の底上げにもつながります。

顧客管理アプリの導入による属人化の防止は、顧客にも自社にも有益だといえます。

3. 顧客管理アプリを選ぶときのポイント

顧客管理アプリを選ぶ際には、どのような点に注意すればよいのでしょうか。この項目では、顧客管理アプロを選ぶときのポイントを3つ挙げて解説します。


セキュリティ機能が高い

顧客管理アプリを選ぶ際には、どのようなどのようなセキュリティ対策を行っているか、しっかり確認すべきです。顧客管理では、顧客の個人情報を取り扱います。万が一個人情報が漏洩すると、企業の信頼が失墜し信頼を取り戻すのに長い時間がかかるうえ、対応コストがかかるからです。

クラウド上で情報を管理するアプリなら、外部の会社が管理するサーバー上に顧客情報を置くため、運営会社のサポート体制やセキュリティ対策をしっかり確認しましょう。 SSL/TLS化、監視体制、プライバシーマークの取得の有無など、セキュリティに関する項目をしっかり確認しましょう。オンプレミス型の顧客管理アプリを利用する場合、サーバーのセキュリティ管理を自社で実施する必要があります。

さらに、アメリカ政府が利用しているようなデータベースを利用したアプリや情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格を満たしているアプリのように、高いセキュリティ機能があるアプリを選ぶことをおすすめします。

わかりやすく、使いやすい

顧客管理アプリを選ぶ際には、できるだけシンプルでわかりやすいものを選ぶといいでしょう。顧客管理アプリは運用して初めて効果を発揮するので、わかりやすく使いやすい顧客管理ソフトを選ぶべきです。

顧客管理ソフトへの情報の蓄積は、自社の情報資産です。UIや操作が複雑なソフトではなく、誰でもすぐに使えるソフトを選びましょう。

業種に特化したアプリ選定

顧客管理アプリとひと言で言っても、業種が違えば必要な機能も異なります。最近では、飲食店や美容室など、特定の業種に特価したアプリが配信されています。その業種の顧客管理に必要な機能が備わっており、管理が楽にできるはずです。自社の業種に最適なアプリがないか、探してみるといいでしょう。

一方、あらゆる業界に向けて開発された汎用型の顧客管理アプリは、どんな業種でも必要な顧客データの管理ができます。カスタマイズ性が高い顧客管理アプリもあるので、自社のビジネスや用途に合うものを選ぶといいでしょう。

4. おすすめの顧客管理アプリ10選

この項目では、おすすめの顧客管理アプリを厳選して10こ紹介します。

①pipedrive


Merが提供する「pipedrive」は、エストニア発のCRM/SFAツールです。リードや取引の管理、顧客とのやりとりの追跡、タスクの自動化、分析とレポート機能など、顧客管理と営業活動を支援する機能を搭載しています。電話やメール、カレンダーなど、今使っているグループウェアと双方向での同期ができるため、入力にかかる負担を軽減できます。

直感的に操作できるわかりやすいUIなうえ設定方法が簡単なので、社内に定着しやすいです。 モバイルアプリもあり、ネット回線があればどこからでも、メールや電話、タスクのチェック、案件確認や更新などの営業活動に必要なことをモバイルから行えます。

pipedriveには4プランあり、どのプランも初期費用0円です。料金は、年間払いの場合、月額1,500〜6,000円/1ユーザーで利用できます。14日間のフリートライアル期間を設けており、使いやすさを確認してから導入できます。

②eセールスマネージャーRemix Cloud

eセールスマネージャーRemix Cloudは、顧客と直接やりとりする営業担当者からマネージャーまで、誰もが直感的に操作できように設計されている国産のCRM/SFAです。純国産のシステムのため、日本企業の営業スタイルにマッチしやすいです。

営業現場での使い勝手を第一に考えており、操作しやすいです。シングルインプット・マルチアウトプットを採用しており、いずれかの項目に入力すれば、紐付いたすべての項目に入力内容が反映されます。入力の負荷が少ないうえ、時間と手間を削減できます。導入後は専任の支援チームが定着するまでサポートします。スマートフォンにも標準対応しています。

eセールスマネージャーRemix Cloudの料金は、1ユーザーあたり月額11,000円です。閲覧のみのナレッジシェアは1ユーザーあたり月額6,000円、グループウェアのみ利用のスケジュールシェアは1ユーザーあたり月額3,000円で利用できます。

https://www.e-sales.jp/news/remix/

③BEFORE AFTER

BEFORE AFTERは、エステサロンに特化した顧客管理アプリです。エステサロンの顧客管理では、ビフォー・アフターがわかる写真の保存が必須です。紙のカルテで顧客管理をする場合には写真をプリントせねばならず、手間と時間、紙とインク代などのコストがかかります。

BEFORE AFTERは、脱・紙カルテを実現できるアプリです。撮影した写真をカルテに添付して保存できるうえ、一画面に2〜12枚の画像を一度に表示できるので、施術等による顧客の変化がひと目でわかります。

BEFORE AFTERは、クラウド上に顧客情報を保存し管理するので、スマートフォンやタブレット端末の容量を気にせずに疲れます。セキュリティ面では、国際規格であるISO 27001 (ISMS)の基準を満たしているため、安心して使えます。

エステサロンの顧客管理ではビフォーアフターがわかる写真撮影が欠かせません。でも紙媒体のカルテだと写真を印刷する手間が発生しますよね。

『BEFORE AFTER(ビフォーアフター)』は脱・紙カルテができるアプリです。撮影した写真をカルテに添付できることはもちろん、2〜12枚の写真を一画面に表示できるので、顧客の変化が一目でわかるようになっています。

お客への説明をスムーズに行いたいなら、写真比較がしやすく顧客への説明にも使える『BEFORE AFTER(ビフォーアフター)』で顧客管理をするのがおすすめです。

https://app.bfaf.jp/

④Zoho CRM

Zoho CRMは、2005年にアメリカでサービス提供を開始した中小企業向けのクラウド型CMS/SFAツールです。初期費用・オプション料金なしで1ユーザーあたり月額1,440〜5,400円と、コスト面での導入ハードルが低く、世界中の中小企業やスタートアップ企業に選ばれています。

Zoho CRMには、顧客管理や営業情報の管理のほか、分析や業務の効率化といった営業支援機能もあります。アプリ自体、柔軟にカスタマイズできるため、業界・業種に合った運用ができます。 操作が簡単で、UIを使い勝手よく編集できるため、システムに精通するスタッフがいなくても安心して使えます。

https://www.zoho.com/jp/crm/

⑤KaruteKun

KaruteKunは、technersが配信する美容室やエステやアイラッシュ、ネイル、脱毛などのサロン、整体やマッサージ、鍼灸院などに向けて開発された顧客・予約管理アプリです。スマートフォンを使って直感的に操作でき、お客様カルテの作成は最短5秒で検索できます。

KaruteKunを使用すると、以下のようなことが可能です。

・カルテ管理と顧客管理

・売上管理と分析レポート作成

・予約台帳での予約管理

・公式LINEとの連携によりお客様とメッセージのやりとりと予約の受付

・複数スタッフでの同時操作

・スマホとPCとの同期

業務効率化にも有効で、スタッフ数3〜4名のサロンでは、平均して毎月30〜50時間の業務削減につながったという結果があります。カルテデータを元にしたデータ分析も可能です。

https://karutekun.com/

⑥UPWARD

UPWARDは、フィールドセールスに特化した顧客管理アプリです。モバイル端末さえあればすべての顧客訪問業務をカバーでき、属人化しがちな営業ノウハウを標準化するため、営業スピードが飛躍的にアップします。

営業担当者の活動はダッシュボードで可視化されます。効率的なリソース配分などの高度な分析も可能です。アプリのDLは無料ですが、別途アカウント契約をすると利用料が必要です。

https://www.upward.jp/

⑦Eight

Eightは、名刺を撮影するだけでAIがデータ化してクラウド上に保存する顧客管理アプリです。名前はもちろん、会社名、部署、役職から検索できるため、探している名刺を見つけやすいです。iOSとAndroid両方のOSに対応しているため、端末の種類を問わず使えるのも魅力的です。

いつも持ち歩くスマートフォンで、名刺管理をより簡単に行いたいなら、撮影した名刺をデータ化して残してくれるEightがおすすめです。

https://8card.net/

⑧Senses

「Senses」は、ドラッグ&ドロップの直感的な操作で案件管理できるCRM/SFAツールです。CRM・SFAを導入した企業が感じていた「定着しない」「上手く使いこなせない」といった課題を解決すべく開発されました。

Sensesでは、取引先に関する情報を自動取得して業務効率化を図ります。 グループウェアはもちろん、既存のメールやカレンダー、名刺管理ツール、チャットツールとも連携できます。顧客はもちろん、社内のコミュニケーションをスピーディに取れるのも魅力です。

ちなみに、Sensesの導入した会社の15ヶ月での平均売上成長率は39%、営業の管理にかかる時間を30%削減するなどの実績があり、導入した企業のサービス利用継続率は98%を誇ります(2018年8月実績)。

https://product-senses.mazrica.com/

⑨LiME

LiMEは、美容師のかつて管理をスマホで便利にするアプリです。膨大なカルテをスマホ一つで作成できます。スマートフォンのほか、タブレット端末やパソコンなどあらゆる端末で閲覧や編集ができ、サロンメンバー全員で共有しやすいです。カルテには、施術後の写真を添付でき、施術の履歴も残せます。

LINEとLiMEを連携すれば、LINEからの予約が自動的にLiMEの予約表に反映されます。顧客情報を預けるサーバーはアメリカ政府も利用しており、安心して利用できます。

https://limehair.jp/


⑩Evernote Scannable

Evernote Scannableは、スマホのカメラ機能を使って書類をスキャンしてデータ化し、シンプルに保存するスマートフォン用アプリです。紙媒体のほかホワイトボードの文字などあらゆるものをスキャンしてデータ化できます。

Evernote Scannableでは、スキャンしたデータを自動的に回転・切り取り・画質調整を行います。見にくいからと自分で編集する必要はありません。紙媒体やホワイトボードの文字をデータに統一できれば、書類を探したり紛失したりするトラブルも防げます。特定の書類を探すのも容易です。

スキャンしたデータは、メールやテキストで送信でき、ほかの人との共有が容易です。PDFやJPEGでの書き出しも可能できるので、ほかのアプリでも使用できます。

https://evernote.com/intl/jp/products/scannable

5. 自社のビジネスに特化した顧客管理アプリを選んで業務効率化を目指そう

顧客管理アプリとは、顧客情報をまとめて管理するためのアプリです。PCはもちろん、スマートフォンやタブレット端末などで利用でき、場所を選ばずに利用できます。 営業職に特化したものが多い印象がありますが、最近では業界・業種に特化したアプリが登場しており、作業時間の短縮など業務効率化につながるものも多くあります。


Merが提供する顧客管理アプリであるpipedriveは、セールスパーソンが開発した顧客管理アプリです。スタートアップからエンタープライズまで、世界179カ国、9.5万社以上の企業が導入しています。カンバン方式で顧客とのやりとりや顧客データを管理するため、対応状況や進捗がひと目でわかりやすいアプリです。

設定方法が簡単なうえ、外部連携も豊富です。初期費用は0円で、ひと月あたり1ユーザー1,500円〜利用できます。14日間のフリートライアルを用意しているので、ぜひお試しください。